あきらめが希望に変わる
フコイダンAFプレミアム必要な有用成分と配合バランス今だけの期間限定キャンペーンこれからも真実をお伝えしますまじめに真実だけをお伝えしてゆきます
癌 最新の研究結果をもとに

フコイダン健康堂ではこれまでに、フコイダンの低分子製品やナノカプセル化製品を販売してまいりました。

最新の研究結果をもとに

「もっと良いものを!」という思いから、最新情報のもと、フコイダンの原料や一緒に配合する有用成分を厳選し試作を重ね、より健康をサポートできて、お客様に笑顔の毎日を過ごしていただけるような製品を開発しています。

ナノフコイダンを超えたAFプレミアムナノを超えたフコイダンAFプレミアム

※弊社旧製品ナノフコイダンプレミアム


これからフコイダンを始めるあなた様や、今飲んでいるフコイダンに満足されていないあなた様に自信をもっておすすめいたします。

期間限定キャンペーンAFプレミアム

フコイダンAFプレミアムは
業界トップの配合量とフコキサンチンとアスコフィラムの海藻有用成分をトリプル配合した健康を強力にサポートするための、ここだけのオリジナル製品です。 健康サポートのための有用成分のその量と品質(純度)、未来に続く健康維持のための成分をゴールデンバランスで配合しています。
健康食品(サプリメント)として、薬のような副作用もなく安心して続けていただくことができます。


結果が楽しみになるAFプレミアム実感できる理由がある喜ばれる理由とはdhcフコイダン(フコダイン)の成分量なんといっても成分量が多い

フコイダン業界トップクラス

フコダイン430000mg43万mg配合ですみずみまで届ける

フコキサンチン、アスコフィラム、ビタミン、アミノ酸を合わせると466108mgの有用成分

必要な成分をたっぷり配合モズク由来フコイダン構造式

フコイダンと一口にいってもどれも同じではありません。残念ながらフコイダン=海藻と解釈しているサプリメント製品も見られるようです。フコイダンは、図のように「フコース」「硫酸基」「グルクロン酸」がつながった状態の構造をしています。

モズク由来フコイダン構造式


フコイダンAFプレミアムに配合しているフコイダンは沖縄産オキナワモズク100%から精製した吸収型の高分子フコイダンで、フコース・硫酸基・グルクロン酸がしっかりつながっています。

高分子フコイダン使用の理由

フコイダンは、フコースを主要構成糖とする多糖類であり、硫酸化フコースが多くふくまれていて、もともと「高分子」といわれる大きさなので、「低分子」にしてしまうと、不安定になりフコイダンとしての性質を保つことが難しくなります。

結合しているのを低分子化

フコイダンは、フコースを主要構成糖とする多糖類であり、硫酸化フコースが多くふくまれていて、もともと「高分子」といわれる大きさなので、「低分子」にしてしまうと、不安定になりフコイダンとしての性質を保つことが難しくなります。

低分子化することによるデメリット


そして、研究発表されているフコイダンはほとんど高分子のものです。また、研究者の間には「低分子は吸収率がよいので有効だといいう研究者もいるが、低分子化によって硫酸基がバラバラになることで、フコイダン本来の活性が失われる可能性を否定できない」というような声もあがっています。 弊社では、このことをもとに、従来品を改良する際に、高分子のフコイダンを選択いたしました。

高分子ということで一概に吸収されないというわけではありません。体に吸収されることが最近の研究で明らかになってきていて、研究結果で吸収に関するよい結果が確認されている質の良いものがあります。 フコイダンAFプレミアムにふくまれているのは、吸収型の高分子フコイダンです。 お客様の「品質の良いフコイダンがたくさん入ってる製品がほしい(下記アンケート結果参照)」というご要望にお応えした配合量です。

アンケートの調査結果選ぶときに一番重視すること成分量と純度がトップ
パワーを発揮できる量お客様へのアンケート

これは、弊社フコイダン製品をご愛飲中のお客様をふくむ233名の方に「フコイダンを選ぶときに重視すること」というアンケートをとった結果です。

製品を選ぶときに1番重視すること

フコキサンチン、アスコフィラム、ビタミン、アミノ酸を合わせると466108mgの有用成分配合!
フコイダンAFプレミアムは、配合量が多いので、他のフコイダン製品と同じ量を飲んだ場合で比べるとたくさん体に取り込めるので、より効果的です。また、配合量を比べて価格の割安感がおわかりいただけます。

大切な精製純度理由2高純度であること

パワーをよく発揮できる精製純度

高品質85%のフコイダン使用

メーカーによっては、原料純度の低いものを使っているので注意が必要です。

純度86%高品質原料を使用品質の良い原料でパワー保持純国産沖縄県産もずく使用

海藻からフコイダンを抽出するときに純度が高いものと低いものができます。 純度の高低により何がちがってくるかというと、やはりパワー発揮の性能になります。純度が高いほうが性能もよく体の中でよくパワーを発揮することができます。

お客様の中にはこの原料の「純度」のことをよくご存じなくて、純度を確認せずに製品を選ぶ方が多いようです。 フコイダンAFプレミアムは純度85%以上という高品質の沖縄産オキナワモズクを使用しています。 十数年ほど前、フコイダン製品が各メーカーから発売されはじめたばかりのころは、フコイダンの精製技術がほとんど確立されていませんでした。海藻の産地によって品質が左右されることがありましたが、現在では精製技術が進化し、多くのメーカーでフコイダンが精製できるようになり、産地による品質の差はほとんどなくなっています。

ただし“各社の精製技術による品質の差”はあります。
同じオキナワモズクを使っている製品はたくさんありますが、純度の低い原料を使っている場合は、あえて純度のことは製品情報に表示しない・公表しないということも多いので注意が必要です。原料の精製純度の低いものは選ばないようにしましょう。

結果が楽しみな有用成分有用成分をバランスよく配合

3つの海藻抽出成分をバランスよく配合で相乗パワーがすごい

フコイダン・フコキサンチンフコキサンチンとアスコフィラム配合同一性能成分をトリプル

フコイダンの他に、海藻から抽出した有用成分のフコキサンチンアスコフィラムを配合しています。

フコイダン+フコキサンチンのWパワー

フコダインとフコキサンチン

フコイダンのすばらしい健康パワーはよく知られるようになりましたが、じつはフコキサンチンにも同じパワーがあることが研究で明らかになってきていますフコキサンチンとフコイダンを同時飲用することにより、パワーがさらに強力になり結果に期待ができます。 また、さまざまな不調の原因となる、からだに不必要なものにアプローチしてくれるパワーもあります。

フコキサンチンはカロテノイド(色素)の一種で、その特性についてはよく知られていて健康食品としての研究がさかんな中フコキサンチンの研究もすすんでいます。
研究の結果では、フコキサンチンも、他のカロテノイドと同じように強いパワーをしめしています。 しかし、フコキサンチンは、フコイダンと比べてわずかな量しか抽出できないので、フコイダンよりも希少な成分といえます。
フコイダンAFプレミアムには、高級品として知られる北海道産の真昆布から抽出した希少なフコキサンチンを配合しています。 また、フコキサンチンの特性として、本来油性なので水に溶けないのですが、日本で初めて水に溶けるように開発された水溶性粉末の高品質なフコキサンチンが開発されています。 フコイダンAFプレミアムの液体に配合されているのは、その水溶性の高品質なフコキサンチンですので、液体タイプでフコイダンとフコキサンチンを同時に摂ることができます。カプセルタイプには脂溶性のフコキサンチンを配合しています。

高活性成分のアスコフィラム

一般的なフコイダンの活性をしのぐパワーがあると注目されている「アスコフィラム」を配合しています。有名大学の医学部、薬学部、薬科大学などで共同開発された品質の良いアスコフィラムです。
※アスコフィラムとオキナワモズク由来フコイダンでは構造式が異なります(図ではわかりやすいように簡単な図式にしていますが、実際にはほかにもさまざまな糖がつながっています)

モズク由来の構造式アスコフィラムとモズクの構造式

アスコフィラムは、おもに北欧や北米などを中心に、北大西洋沿岸で自生している褐藻類の一種で、日本近海で獲れるヒバマタに近い褐藻です。
ミネラルなどがふくまれており、栄養学的にも重要な食物となっています。昆布と比較すると、カルシウムで2倍、鉄分で5倍、ビタミンAで2倍以上、ビタミンEは15倍もふくまれ、不足しがちな栄養分をバランスよくふくんでいます。
最近では、大学などで生物に与える影響について研究が行われ、フコイダンを上回るより強い健康パワーがあるということがわかり、フコイダンとの相互パワーが期待されています。

栄養分の優れたアスコフィラム
期待にこたえるためのこだわり

高分子・低分子・超低分子・両分子・全分子この違いで悩まなくて良くなった!あなたを悩ませているのは、市場にでまわる各社各様商品の、その数がたくさんありすぎるからではないですか?それぞれに特徴があっ て、特にフコイダンという成分を初めてお知りになったかたは、どう選んでよいのかわかりづらいのではないでしょうか。あなた様がフコイダンを必要とする理由を明確にし、その目的にあったものをお選びください。

選びかたポイント


5年後、10年後に続く健康
高分子フコイダン

高分子のパワーを保ったまま、体にしっかり吸収できるもの


カラダにしっかり届く成分量

フコイダンの性能を十分発揮できる成分量が入っているもの


高品質な純度を保持

成分の原料の品質(純度)が高く、よくパワーを発揮するもの


有用成分がトリプル

健康を総合的にサポートできる有用成分が配合されているもの


ISO認定工場

製造工場は、食の安全管理がしっかりなされていると認定されていること


ヒ素・重金属はふくまれない

ヒ素や重金属などの有害物質がふくまれていないもの


保存料・香料完全無添加

保存料・香料・着色料などの添加物がふくまれていないもの


日本食品分析センター試験

成分配合量の表示が明確で、完成後の分析も行っているもの


※上記のすべての条件をかね備えたものがおすすめです。

高分子フコイダン

高分子のパワーを保ったまま、体にしっかり吸収できるもの

カラダにしっかり届く成分量

フコイダンの性能を十分発揮できる成分量が入っているもの

高品質な純度を保持

成分の原料の品質(純度)が高く、よくパワーを発揮するもの

有用成分がトリプル

健康を総合的にサポートできる有用成分が配合されているもの

ISO認定工場

製造工場は、食の安全管理がしっかりなされていると認定されていること

ヒ素・重金属はふくまれない

ヒ素や重金属などの有害物質がふくまれていないもの

保存料・香料完全無添加

保存料・香料・着色料などの添加物がふくまれていないもの

日本食品分析センター試験

成分配合量の表示が明確で、完成後の分析も行っているもの

※上記のすべての条件をかね備えたものがおすすめです。




フコダインとは

フコイダンは、今から約90年前の1913年のスウェーデンのウプサラ大学のキリン(kylin)教授によって初めて見出されて報告されました。当初はフコイジンと名付けられましたが、その後国際糖質命名規約によって「フコイダン」と呼ばれるようになりました。

フコイダンの理化学的な性状については多くの報告があり、硫酸をふくむ多糖類であることと、フコースが主成分であること、などについては以前より分かっていましたが、そのほかのことについてはさまざまな研究成果があるものの、必ずしも統一的な見解は得られていないというような経緯がありましが、現在では、「フコイダン」とは、フコースを主構成糖として硫酸やウロン酸が結合した多糖類と定義されてもよいと言われています。
一般的に使われているフコイダンという名前は、同一の構造の物質につけられたのではなく、主成分がフコースである多糖類の総称です。
フコース以外にガラクトース、マンノース、キシロース、ウロン酸なども存在します。

海藻には多くの化学成分がふくまれています。そのひとつとして炭水化物があります。もちろん海藻にはタンパク質や脂質、ミネラルなどもふくまれていて、海藻の種類によってその含有量や化学成分はことなります。



褐藻類から抽出される海藻成分

多くの褐藻類からフコイダンが抽出され研究が行われています。
世界全体でみて褐藻類は240属ありますが、同じ種類の褐藻類でも採取場所、採取時期、採取深度など、また同じ藻体でも部分によって化学成分が大きく変わります。
そしてフコイダン含有量は、種類によっても異なりますし、その海藻が乾燥状態に長くさらされる場所に生育するもののほうが含有量が多いことが知られています。
たとえば、コンブよりも浅瀬で生育されるモズクのほうがフコイダン含有量は多いとされています。



安全性が確保されている成分

フコイダンは広い分野でそのパワーが注目されていますが、同時に安全性が確保されていないと意味がありません。おなじ海藻からのアルギン酸の安全性についての報告があり、アメリカのFDA(Food and Drug Administration)によって一般容認安全性食品として認められ、日本でもこれが適用されています。
またカラギーナンについてはその安全性についての検討が1969年、1973年に行われ、その後のデータを基にして1984年には安全性が高いことから、1日の許容摂取量がそれまでの、0~70mg/kg体重から「設定の必要がない」に変更されています。


30ml2本に割引券がついてきますフコイダン健康堂のお試しセット

 
通話料無料今すぐお電話ください

フコイダン健康堂 お知らせ・ご案内

2017年08月01日
夏季休業のお知らせ<2017年8月>
2017年01月12日
メンテナンスのお知らせ
2016年07月12日
サイトをリニューアルしました。