良いフコイダン製品の選び方

◆市場にでまわるフコイダン製品を選ぶときに

情報過多で選びにくい

インターネットなどで検索をされるとおわかりかと思いますが、フコイダン製品が非常に多く販売されているため、どれにしようか検討している方は「たくさんありすぎてどれがいいかわからない…」と感じられているようです。

製品によっては、成分量が多いものや少ないもの純度が高いものや低いもの有用成分の配合バランスがよいものや悪いもの味が飲みやすいものや飲みにくいもの、保存料などの添加物が入ったものや入ってないもの、など実にさまざまです。

製品を選ぶときに何を重視するのか、しっかりとご自分の基準を決めることが大切です。
ここからは、よい結果をだすためにより効果的な製品の基準についてです。


◆わかりやすい基準

初めてフコイダンを選ぶ方にもわかりやすい選び方の基準があります。
フコイダンの健康パワーをより実感していただきたいので、この基準をふまえてお選びください。

 

後悔しないための製品選びの基準
大切なのは次の3つ
品質・成分量・信ぴょう性

このほかにも、配合バランス・添加物の有無・製造工場・飲みやすさなどありますが、ここでは上記3つについてご説明します。


◆フコイダン選びの基準ー品質

<要チェック!>選ぼうとしている製品はフコイダンの品質(原料純度)が明確

品質には差があります!

よりパワーを発揮するのは高純度

品質を見分けるために純度を確認しましょう!

元気のために必要なのは純度の高さです。

貴金属でも、果汁飲料でも一般的に純度の高いものが品質がよいのは知られていますね。

フコイダンでも同じことなんです。
高純度の方がカラダの中でよくパワーを発揮します



そして、同じ海藻を原料につかっていたとしても純度は同じではありません。たとえば、フコイダンの原料にモズクを使っている製品はたくさんありますが、残念なことに、純度の低いもの、または純度そのものを公表していない製品もありますので選ぶときには注意が必要です。


◆フコイダン選びの基準ー成分量

<一番かんじんな成分量!>品質と同じく重要な成分量

ぱっと見で選ばないように気をつけましょう

大手メーカーの製品や、よく見かける広告の製品がいいの?

ご相談いただく中で「○○社の製品はどうなんでしょうか?」
というお話しをうかがいます。テレビのCMで流れたり、インターネット広告で見かける機会が多い製品についてお尋ねいただくことが多いですね。

広告費の分を成分量にまわしたい


やはり、広告を見たから気になるというお声なのですが、よくよく調べてみると成分量や純度などの品質についての具体的な数値は表示されていないようです。

たとえば新聞広告で一面を使うと莫大な費用がかかります。インターネットでも同じです。その費用がどこから捻出されるのかというと“製品の代金”にふくまれています。しかも、広告をしながらその製品を安く販売しようとすると、中身の成分量を減らさないと企業利益は生まれません。

広告をすればするほど、中身の品質ににしわ寄せがくるのを知っていますか?
必ずしもすべての製品がそうとはいいませんが・・・
それを見極めるにはやはり、品質を数値的にチェックすることです。
これを怠ると元気になれる良い製品は手に入りません。

→フコイダンAFプレミアムの成分量と純度


◆フコイダン選びの基準ー信ぴょう性

<ここも見ましょう!>第三者機関での分析はあるのか

製品の中身と信ぴょう性

そうは言っても・・・どのフコイダン製品が良いか悪いかなんて

素人にはわかりづらいから選びにくい・・・

中身がみえる製品案内

私どもは、フコイダンが初めてのあなた様にも、元気になれる製品が簡単に選べるように、中身がちゃんと見える製品案内を心がけています。
本物はウソをつきません。隠すこともありません!
すべて公表して安心して飲めて健康をしっかりサポートできる、元気になれるものを作っています! 安心して飲んでいただくために、第三者機関である日本食品分析センターにて分析試験を行っています。

 

日本食品分析センターの分析結果

あたなが選ぼうとしている製品の説明に記載されているさまざまな数値には裏付けとなるものがありますか?




<豆知識>フコイダンをどうやって摂る?

フコイダンはモズクや昆布などの褐藻類のヌルヌルにふくまれる成分です。
なかでもモズクは含有量が多いとされています。

海藻にふくまれる成分なら・・・モズクに多いのなら・・・ もずくを食べればいいのでは!?
と思う方も多いようです。

フコダインをもずく食品で摂ると

たしかに、海藻はカラダによいということで食卓に並ぶこともあると思います。
しかし、健康を強力にサポートし元気を取り戻す量を摂ろうとするなら、もずく酢なら1日に20パックも食べなきゃいけないという計算になります。

それはちょっと無理ですよね。

<毎日の食事で摂るのはとてもじゃないけどむずかしい!!>
「いいや、それでも私はもずく酢などの料理でフコイダンをとる」

という方はいらっしゃらないと思いますが、その場合は塩分摂取量過多、食べ過ぎによる別の不調がでてくる可能性が高いので十分ご注意ください。

<元気を取り戻すためにフコイダンを摂るなら>
健康をサポートできる量→サプリメントでとるのが理想的   ということです。


<豆知識>フコイダンをサプリメントで摂る場合

サプリメント(健康食品)で摂るとしても・・・・
インターネット上にあふれている〝フコイダン製品″そのメーカーや種類の多さには驚くことでしょう。

健康サポートのために一番重要な“製品の中身”について明確でないものも数多く販売されています。
じつは!“フコイダン”とひと口にいってもどれも同じではありません。だからしっかりと「中身」で比較して選んでほしいのです 。

モズク由来フコイダン構造式

数ある製品のなかには、フコイダン=海藻と解釈して販売している製品も見られるようです。フコイダンは、図のように「フコース」「硫酸基」「グルクロン酸」がつながった状態の構造をしています。
健康パワー発揮にはこの状態が必要なのです・・・ つまり、元気になるためには、この3つの成分が確認できるということがとても大切なのです。 さきほどの大切な3つの基準(品質・成分量・信ぴょう性)と合わせてしっかりと選びましょう。



フコイダンは
どれもおなじ?
食品から摂れる? 

フコイダンはどれも同じ

ここがすごい!
フコイダンAFプレミアムとは

フコイダンAFプレミアムとは


後悔しないフコイダン製品を