フコイダンを食品でとる

◆ フコイダンが多くふくまれている海藻は

フコイダンは褐色系(褐藻類)のほとんどの海藻にふくまれています。
ワカメ、昆布、ヒジキ、メカブなどをはじめとして世界でも240属ほど褐藻類の仲間はいますが、中でもモズクに多くふくまれていることがわかっています。

海藻にふくまれるフコイダン

モズクに多くふくまれている理由は、浅瀬で生育するので、日光や砂や石などからダメージを受けることが多いので自己防衛のためにフコイダンが多く含まれています

◆海藻をどれくらいの量とればいい?

じっさいに食卓でフコイダンを摂ろうと思ったら何をどれくらいとればいいのでしょうか。

たとえばもずくで

褐藻類の中でも、フコイダンの含有量はモズクが一番多いということと、手軽にとれるということでモズクを例にとってお話ししていきましょう。


食品で摂るなら20パックほど

生のオキナワモズク1kgからとれるフコイダンは、わずか1gほどで、たとえば健康サポートのためにたっぷりフコイダンを摂りたいと思った場合、1日に、スーパーなどで売っているモズク20パック分(1パック90g)以上も食べなければならない計算になります。


毎日20パックも食べ続けるのは、実際には無理ですよね。
飽きてしまうことももちろんありますし、たとえ食べれたとしても栄養バランスがかたよりますし、塩分の過剰摂取も心配になってきます。
健康のために摂るもので体の不調を起こしてしまっては本末転倒ですね。

もずくを食べても摂れない


さらに自然のモズクにふくまれるフコイダンの含有量は一定していません
このため、フコイダンを確実に摂取するには、 科学的な方法でかつ安全に抽出された、 健康食品(サプリメント)の「フコイダン」が理想的といえます。

フコイダンAFプレミアムのフコイダンの量は?

「フコイダン」はバイオテクノロジーなどで科学的に成分をつくりあげたものでなく、原料は“自然素材”です。

このため、摂取しても薬の副作用のような影響を及ぼす心配はありませんので安心して摂ることができます。

◆フコイダンを健康食品(サプリメント)で

現在インターネットなどで見ると「フコイダン」と名のつくサプリメントは非常に多くの製品が販売されています。
それぞれに特徴をもった製品が、さまざまな企業で開発され販売されているのです。

<製品のちがい>

・形状
液体、ハードカプセル、ソフトカプセル、ゼリー状、顆粒、固形粒
・原料
モズク、昆布、メカブ、ヒバマタ
・分子サイズ
高分子、低分子、ナノ

そのほかにも、配合量のちがいや、プラスされた他の有用成分添加物の使用の有無など、さまざまな違いがあります。

フコイダンを健康食品(サプリメント)で摂ろうと思ったときに、このちがいをよく理解し、自分の目的やライフスタイルに合った製品を選ぶことが大切です。

フコイダン(フコダイン)製品

→成分量が多いおすすめフコイダンサプリはこれ


フコイダンとは?

フコイダンとは

良いフコイダンの選び方

良いフコイダンの選び方

今すぐお電話ください