【健康食材 】ねぎ 知っ得情報

◆健康サポート食材

ねぎ

昔は、「かぜをひいたらねぎ湯を飲め」といわれていました。
その理由は、発汗してくれて、体を中から温めてくれるはたらきがあるからです。

体を温めた結果、内臓の動きが活発になり、血行がよくなり、体内の余分な水分や老廃物を排除するので血液の浄化、便秘、整腸、利尿にも役立ち、冷え症の人は常食すると、体質が改善される。
また、胃が弱い人もねぎを食べることで、食欲が 増し、胃腸のはたらきが活発になります。


ねぎの栄養

アリシン

においと辛味の成分「アリシン」は、素材の臭みも取ってくれたうえに、疲労回復に役だつビタミンB1の吸収を高める。
長ねぎをはじめとするねぎ独特のあの香りは、イライラや不眠に有効です。
また、アリシンには血栓を予防するはたらきが認められている。

ねぎを刻んだ時に、目に染みる成分のアリシンは、生で食べると神経を刺激して消化液の分泌が盛んになり、食欲がでます。
ねぎを生で薬味に使うのは、この食欲増進を狙ってのこともあります。

そして、長ねぎを常食すると、肩こり解消にも役立ちます。これは、ビタミンB1の吸収効率をよくするため、エネルギーの代謝が活発になり、筋肉のこりをほぐすからと考えられます。

セレン

セレンという微量物質がふくまれ、これには体内の過酸化脂肪をおさえるはたらきがあり、老化防止やお肌の美容、シミ対策などにも期待できる。

他にも
ねぎの白い部分に多い匂いの成分「ネギオール」は、かぜなどのウイルスの殺菌パワーがあります。
青い部分にはカロテンやビタミンEやKが、白い部分より多くふくまれています。ビタミンEは体を守り、ビタミンKには骨にカルシウムが沈着するのをサポートするはたらきがあります。

ねぎの豆知識

風邪にきく

関東では根深ねぎを、関西では緑の多い葉ねぎを使うことが多いようです。
根深ねぎは煮込みや湯豆腐、鍋物に使い、葉ねぎはお好みやきなどに、万能ねぎは薬味に利用されます。
栄養的には、ビタミンB群、C、カルシウム、カリウムが豊富で、緑の葉の部分には
カロチンもふくまれています。
ねぎ特有の香りは硫化アリルという成分です。風邪のときのねぎの活用法
かぜには、ねぎのみじん切り、しょうがのしぼり汁、おろし大根に熱湯をくわえてしょうゆで少し味をくわえて飲むのもお試しください。

ねぎの基本データ

ユリ科。旬は秋から春です。
茎の部分が白い根深ねぎが一般的ですが、ずんぐりした下仁田ねぎや、西洋ねぎのリーキという種類などもあります。