ねぎ

ねぎがおすすめな食材の理由

TEL. 0120-251-334 (9:00~21:00)

お電話でのご注文・ご質問もお気軽にどうぞ

健康食材・ねぎJapanese leek

食で健康サポート【ねぎ】

健康サポート食材ねぎ昔は「かぜをひいたらねぎ湯を飲め」といわれていました。
その理由は、発汗してくれて、体を中から温めてくれるはたらきがあるからです。

体を温めた結果、内臓の動きが活発になり、血行がよくなり、体内の余分な水分や老廃物を排除するので血液の浄化、便秘、整腸、利尿にも役立ち、冷え症の人は常食すると、体質が改善される。
また、胃が弱い人もねぎを食べることで、食欲が 増し、胃腸のはたらきが活発になります。

ねぎの栄養

アリシン

においと辛味の成分「アリシン」は、素材の臭みも取ってくれたうえに、疲労回復に役だつビタミンB1の吸収を高める。
長ねぎをはじめとするねぎ独特のあの香りは、イライラや不眠に有効です。
また、アリシンには血栓を予防するはたらきが認められている。

ねぎを刻んだ時に、目に染みる成分のアリシンは、生で食べると神経を刺激して消化液の分泌が盛んになり、食欲がでます。
ねぎを生で薬味に使うのは、この食欲増進を狙ってのこともあります。

そして、長ねぎを常食すると、肩こり解消にも役立ちます。これは、ビタミンB1の吸収効率をよくするため、エネルギーの代謝が活発になり、筋肉のこりをほぐすからと考えられます。

セレン

セレンという微量物質がふくまれ、これには体内の過酸化脂肪をおさえるはたらきがあり、老化防止やお肌の美容、シミ対策などにも期待できる。

他にも
ねぎの白い部分に多い匂いの成分「ネギオール」は、かぜなどのウイルスの殺菌パワーがあります。
青い部分にはカロテンやビタミンEやKが、白い部分より多くふくまれています。ビタミンEは体を守り、ビタミンKには骨にカルシウムが沈着するのをサポートするはたらきがあります。

ねぎの豆知識

関東では根深ねぎを、関西では緑の多い葉ねぎを使うことが多いようです。
根深ねぎは煮込みや湯豆腐、鍋物に使い、葉ねぎはお好みやきなどに、万能ねぎは薬味に利用されます。

栄養的には、ビタミンB群、C、カルシウム、カリウムが豊富で、緑の葉の部分には カロチンもふくまれています。

ねぎの基本データ

ユリ科。旬は秋から春です。
茎の部分が白い根深ねぎが一般的ですが、ずんぐりした下仁田ねぎや、西洋ねぎのリーキという種類などもあります。

健康サポート食材を活用する


健康堂ナビゲーション

AFプレミアムバナー

今だけの特別価格 期間限定キャンペーン

期間限定フコイダンキャンペーン

フコイダンAFプレミアム製品

  • フコイダン購入時に惑わされない
  • 液体が飲めないときはカプセルがおすすめ
  • 海外発送EMSについて
  • 即日発送可能です

「質問・悩み・相談」などお気軽にどうぞ!メッセージを送信していただくと、直接店長に届きます。ちょっと質問したいこと、お悩み・ご相談ごと、ホームページへのご意見・ご感想などお気軽にメールしてくださいね。
お問合せフォームからどうぞ

店長 健康管理士資格取得者健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員は、未然に病気をふせぐ環境づくり・肉体づくり・生活づくりのプランニングをおこなったり、健康の保持・増進のための正しい知識をひろめ、日常生活のなかで健康管理上の仕事をしたり、企業や自治体、家庭において人々の健康をまもるなど、医師とはことなる観点から健康をまもるお手伝いをします。

フコイダン健康堂 LOHAS株式会社

〒816-0801 福岡県春日市春日原東町2-8-1

TEL 0120-251-334 (9:00~21:00)

福岡県子育て応援宣言企業ですLOHAS株式会社は「福岡県子育て応援宣言企業」です。
福岡県 第16号