フコイダン フコダインの選び方

良いフコイダン(フコダイン)製品の選び方

TEL. 0120-251-334 (9:00~21:00)

お電話でのご注文・ご質問もお気軽にどうぞ

電話番号 健康堂

良いフコイダン製品の選び方choose

どの製品がいいのかわからない方続出

フコイダン(フコダイン)選び方比較

インターネット検索で山のように出てくるフコイダン製品

フコイダンの情報過多で悩むどのフコイダン製品にしようか検討している方は「ネットで検索すると、製品がたくさんありすぎてどれがいいかわからない…」と感じられているようです。

製品によっては、成分量が多いものや少ないもの、純度が高いものや低いもの、有用成分の配合バランスがよいものや悪いもの、が飲みやすいものや飲みにくいもの、 保存料などの添加物が入ったものや入ってないもの、など実にさまざまあります。

製品を選ぶときに重視するのは何?

ほかにも製品の違いはありますが、まずは”自分”が 製品を選ぶときに何を重視するのか、しっかりと自分の基準を決めることが大切です

ここからは、よい結果をだすためのより効果的な製品のチェックポイントについてお話します。

よりよい結果のための製品は

フコイダンが初めての方にもわかりやすい製品選びのチェックポイントがあります。
成分が多い・高品質・信頼性安全性が高い、という製品がほしいあなたはぜひご覧ください


フコイダン(フコダイン)の成分量比較選び方(フコダイン成分量)
品質の違い(純度、分子サイズ、硫酸基)選び方(品質純度分子サイズ)
プラス配合されている有用成分選び方(有用成分配合)
信頼性があって安心安全な製品か選び方(信用性)
保存料の添加物が無添加か選び方(安全性・添加物)
具体的に見ていきましょう。

チェック1→フコイダンの量

健康サポートのためにフコイダンを摂る場合、やはり一番気になるのは成分量ですよね。
毎日一定量を摂取するわけですが、そこで大切なのは、その一定量の中に十分な量のフコイダンが入っているかどうかです。
体中にフコイダンを届けるには、成分量が多いものがおすすめです。
フコイダンを実感するためには、必ず成分量をチェックして購入しましょう。
成分量が公表されていない製品の購入は避けましょう。

ぱっと見で選ばないように気をつけましょう

また、大手メーカーの製品や、よく見かける広告の製品がいいのかも?と思っていませんか?
お客様からご相談いただく中で「○○社の製品はどうなんでしょうか?」
というご質問をいただくことがあります。

広告費に使われる金額が上乗せなかでも、テレビのCMで流れたり、インターネット広告で見かけることが多い製品についてお尋ねいただくことが多いですね。

やはり、広告を見たから気になるというお声なのですが、よくよく調べてみると成分量や純度などの品質についての具体的な数値は表示されていないようです。
新聞広告で一面を使って広告をだすと、莫大な広告費がかかります。その費用がどこから捻出されるのかというと“製品の代金”なのです。
しかも、広告をしながらその製品を安く販売しようとすると、中身の成分量を必然的に減らさないと企業利益は生まれません。

広告をすればするほど、中身の品質ににしわ寄せがくるのを知っていますか?必ずしもすべての製品がそうとはいいませんが・・・

それを見極めるにはやはり、数値的にチェックすることです。
これを怠るとよい結果につながる製品は手に入りません。

チェック2→フコイダンの品質(純度・分子サイズ・硫酸基)

純度

元気のために必要なのは純度の高さです。

フコイダンを抽出する海藻(褐藻類)は、モズク・コンブ・メカブなどです。
同じ海藻でも収穫される産地によって、フコイダン含有量はちがうので、どの海藻なのかも気になるところですが、海藻からフコイダンを抽出する際の「精製純度」も重要です。

貴金属でも、果汁飲料でも一般的に純度の高いものが品質がよいのは知られていますよね。
フコイダンでも同じことが言えます。
例えば純度40%のものと85%のものだと85%のほうが高純度です。
高純度の方がカラダの中でよくパワーを発揮します。

分子サイズ(高分子・低分子)

分子サイズ」は、低分子・高分子など各社各様で販売されています。
どちらが良いのかというご質問をいただくのですが、フコイダンはもともと「高分子」といわれるサイズで、フコースをメインとして硫酸基とグルクロン酸が結合した状態です。


これを低分子化すると、その結合が断ち切られ、健康パワーを十分に発揮できないことがあります。
フコイダンの本来もっているパワーの発揮は高分子のものです。

硫酸基

フコイダンを構成する成分に「硫酸基」がふくまれています。
この硫酸基の結合は、フコイダンがさまざまな機能を発揮するのに重要な役割を果たしています。
ですが、原料の海藻からフコイダンを抽出する際に、この硫酸基がはずれないようにすることが重要です。
硫酸基の結合量は、抽出後13%以上必要です。

チェック3→有用成分(種類・バランス)

健康サポート力を強化

製品によっては、より実感力を高めたり、日々の健康をサポートするための、フコイダン以外の有用成分を配合しています。
私たち人間が健康を維持していくために、毎日とらなければならない栄養素があります
それらの栄養素は、それぞれ、エネルギーになる・体をつくる・体の調子をととのる、などの役割があります。毎日必要としている量をとるのが理想です。
とくに体の機能が低下している時などは、これらの栄養素を摂ることはとても重要です。

チェック4→信頼性

製品の中身と検査機関

そうは言っても・・・どのフコイダン製品が良いか悪いかなんて素人にはわかりづらいから選びにくい・・・と思いますよね。
どのような成分がどれだけ入っているのかを明確に表記されていることをチェックした後は、第三者機関での分析試験結果などがあるかを確認しましょう。
日本食品分析センターなど、第三者の機関で検査された結果が公正な数値と言えます。

本来であればフコイダンの量を比較するときも、この第三者機関での数値で比較したいものです。
どういうことかと言いますと、モズク原料のフコイダンの場合、主となる構成成分はフコースです。
フコースは日本食品分析センターで分析試験できますので、製品完成後のフコース量の数値が本来のフコイダン含有量の目安となります。
このような第三者機関の試験結果があるかどうかを確認しましょう。
「数値の根拠となるもの」の確認は大切です。

チェック5→安全性

添加物と有害物質の有無

毎日続けて飲むものだからこそ、安全性の確認は大切です。
添加物は、製品の日持ちを長くしたり、おいしく感じるようにしたり、美しく見えるように色をつけたりと、食品本来の成分とはかけ離れたものです。
保存料などの添加物は、私たちの体に有害であって不必要なものです。
また、海藻原料ということで有害物質をふくまないか心配をされている方もいます。
ヒ素や放射性物質などの有害物質の検査を行っているかも確認しましょう。
原料段階と完成品としての段階の両方で検査を行っているのがベストです。



製品選びの際の大切な5つのチェックポイントはおわかりいただけましたでしょうか?

この5つをふまえてフコイダン製品をお選びくださいね。

5つのチェックポイントクリアのフコイダンAFプレミアム




フコイダンはどれも同じ?食品から摂れる?



健康堂ナビゲーション

AFプレミアムバナー

今だけの特別価格 期間限定キャンペーン

フコイダンAFプレミアム製品

  • フコイダン購入時に惑わされない
  • 液体が飲めないときはカプセルがおすすめ
  • 海外発送EMSについて
  • 即日発送可能です

「質問・悩み・相談」などお気軽にどうぞ!メッセージを送信していただくと、直接店長に届きます。ちょっと質問したいこと、お悩み・ご相談ごと、ホームページへのご意見・ご感想などお気軽にメールしてくださいね。
お問合せフォームからどうぞ

店長 健康管理士資格取得者健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員は、未然に病気をふせぐ環境づくり・肉体づくり・生活づくりのプランニングをおこなったり、健康の保持・増進のための正しい知識をひろめ、日常生活のなかで健康管理上の仕事をしたり、企業や自治体、家庭において人々の健康をまもるなど、医師とはことなる観点から健康をまもるお手伝いをします。

フコイダン健康堂 LOHAS株式会社

〒816-0801 福岡県春日市春日原東町2-8-1

TEL 0120-251-334 (9:00~21:00)

福岡県子育て応援宣言企業ですLOHAS株式会社は「福岡県子育て応援宣言企業」です。
福岡県 第16号