腎臓のしくみ

腎臓のしくみと役割検査方法

TEL. 0120-251-334 (9:00~21:00)

お電話でのご注文・ご質問もお気軽にどうぞ

腎臓の知っとく情報stomach

腎臓とは

腎臓はそら豆のような形をした臓器で、おなかの後ろ側に左右2個あります。

腎臓の場所腎臓のしくみとはたらき

腎臓のはたらき

尿をつくって体内の水分バランスを調整するなどのはたらきをしています。
腎臓では、血液によってはこばれてきた体内の老廃物がろ過され、不必要なものは尿として排泄されます。そのため、腎動脈から腎臓へは非常に多くの量の血液が流れています。
腎臓は、尿をつくる「腎実質」と、できた尿を集める「腎盂(じんう)」に分かれます。

<腎臓に害を及ぼす危険因子>
喫煙、肥満、高血圧、腎機能障害

リスクを抑えるのは野菜やくだものの摂取です。

腎臓の検査

もっとも有効なのは、画像診断法で、尿路造影法、超音波断層法、CT検査、MRI(磁気共鳴撮影法)、腎動脈造影法などによって確定診断や進行度が把握されます。

必須なのが、腹部の造影CT検査です。
腎機能が良好な場合には造影剤を用いて腹部CT検査を行い、周囲の臓器との位置関係、
腎臓の動脈や静脈の位置や本数などを確認することができます。

【尿路造影法(腎盂造影法)】
X線による造影検査には2つの方法があります。ひとつは静脈内に造影剤を注入し、それが腎盂から排泄されるときにX線撮影して腎盂や腎杯の変形をとらえる方法です。
もうひとつは膀胱から尿管・腎盂内に細い管(カテーテル)を挿入して、造影剤を腎盂内に直接注入してX線撮影し、腎盂や腎杯の変形をとらえる方法です。

【CT検査】
CT検査は、体内のX線断層画像によって診断する方法です。

【超音波断層法(腹部エコー検査)】
体内に超音波を発信して、その反射波を画像化することにより体を傷つけずに比較的はやくに臓器の異常をしらべることができる検査です。

【MRI(磁気共鳴撮影法)】
磁気を応用した装置で、放射線を浴びることなく断層画像診断を行うことができます。

【腎動脈造影法】
腎動脈に造影剤を注入してX線撮影する検査です。CT検査やMRI検査より以前から行われていました。

血尿、腰部のいたみ、腰部のしこりがあるときには、必ず専門医を受診しましょう。

1年に1回ぐらいの頻度で、健康診断(ドック健診)を受けましょう。必ず、腹部超音波検査やCT検査などを受けるようにしましょう。

体のしくみと健康な生活のためにできること

健康堂ナビゲーション

AFプレミアムバナー

今だけの特別価格 期間限定キャンペーン

期間限定フコイダンキャンペーン

フコイダンAFプレミアム製品

  • フコイダン購入時に惑わされない
  • 液体が飲めないときはカプセルがおすすめ
  • 海外発送EMSについて
  • 即日発送可能です

「質問・悩み・相談」などお気軽にどうぞ!メッセージを送信していただくと、直接店長に届きます。ちょっと質問したいこと、お悩み・ご相談ごと、ホームページへのご意見・ご感想などお気軽にメールしてくださいね。
お問合せフォームからどうぞ

店長 健康管理士資格取得者健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員は、未然に病気をふせぐ環境づくり・肉体づくり・生活づくりのプランニングをおこなったり、健康の保持・増進のための正しい知識をひろめ、日常生活のなかで健康管理上の仕事をしたり、企業や自治体、家庭において人々の健康をまもるなど、医師とはことなる観点から健康をまもるお手伝いをします。

フコイダン健康堂 LOHAS株式会社

〒816-0801 福岡県春日市春日原東町2-8-1

TEL 0120-251-334 (9:00~21:00)

福岡県子育て応援宣言企業ですLOHAS株式会社は「福岡県子育て応援宣言企業」です。
福岡県 第16号