海藻モズクフコイダンとは

モズクのフコイダン健康学・豆知識

TEL. 0120-251-334 (9:00~21:00)

お電話でのご注文・ご質問もお気軽にどうぞ

モズク(水雲)豆知識fucoidan

モズク

モズクは脇役にも主役にもなれる

モズクは当て字で「水雲(もずく)」と書くってご存じでした?
海の潮の満ち引きの水の中で、ゆれただよう姿が雲のようでそのような当て字がついたのでしょうね。

ふだん、あなたはどのようなモズクの食べ方をしていますか?
二杯酢や三杯酢など酢醤油に生姜を加えたり、天ぷらにしたり、お味噌汁に入れたりと、メインディシュというよりは、副菜として食べることが多いのではないでしょうか。
モズク料理は脇役が多い
モズクは栄養学的にはすばらしい食材なのですが、メインディッシュというよりは、小鉢などの副菜ででてくる、どちらかというとわき役なのですが、サプリメントとしては超一流の主役となるのです。

主役として活躍するのは、モズクにふくまれる「フコイダン(Fucoidan)」という成分です。

モズク豆知識

モズクは藻類の仲間で、おもに北半球・南半球の亜熱帯の海に広く生息しています。
種によっては寒流の海にも根付いてます。

藻類のなかには、淡水や陸地に生息するものがいたり、空気中を漂う特殊なものもいます。
モズクは海の中の石や岩などにくっついているものもあるのですが、ホンダワラ類に付着して生きていることから、漢字で、藻付く・海蘊・水雲と書きます。

和名ではモズクですが、地方によって呼び名はいろいろあって「もぞこ」「もうぞこ」「もぞく」などとも呼ばれます。

学名はNemacystus decipiens(Suringar)Kuckuck(ネマキスタス デシピエンス クックック)といいます。

食用に用いられるもので、日本近海では、以下のようないくつかの「属」と「種」が生息しています。

・モズク科のモズク(藻付く)Nemacystus decipiens(Suringar)Kuckuck
・ナガマツモ科のナガマツモ Chordaria flagelliformis(Muller)C.Agardh
・ナガマツモ科のイシモズク(石藻付く) Sphaerotrichia divaricata(C.AGARDH)Kylin
・ナガマツモ科のオキナワモズク(沖縄藻付く) Cladosiphonokamuranus TOKIDA

モズク科のモズクは、南端が奄美大島、北側が太平洋側の千葉県、日本海側は秋田県までの沿岸部に分布しています。
ナガマツモは、北極海をふくむ北半球の冷水域に分布していて、日本では北海道室蘭より北の太平洋側に生息しています。ナガマツモの特徴としては、他の藻と同じようにヌルヌルしていますが、噛むと軟骨のような独特の固さがあります。
イシモズクは、日本に広く分布していますが、太平洋沿岸の南部では見ることができません。
オキナワモズクは、九州南部から沖縄の八重山諸島まで生育する太めのモズクです。
現在、わたしたちが食べているのは、ほとんどがオキナワモズクです。

これらのモズクは、春に胞子が海中に放出され、発芽して雌雄の糸状体(しじょうたい)になります。
その雄雌それぞれの糸状体から放出された胞子は、受精後に藻体(そうたい)に成長します。
3か月ほどで30㎝ぐらいに成長するのですが、食用にはもっと若いものを採取します。

ほとんどのモズク類は、満潮線と干潮線の間(1日のうちに海面下になったり干出したりする地帯)の岩や海藻に付着して生きています。

モズクは、カロリーは低くて微量元素はしっかりとふくんでいるので、栄養学的には極めてバランスのとれた食材と言えます。

沖縄モズク(オキナワモズク)

沖縄モズクは春から夏にかけての初夏に収穫期をむかえます。
収穫量は、1~3月までの生育の天気に大きく左右され、日照時間がとても大切です。
モズクは光合成で育つので、水温よりも日照時間に敏感に影響されるからです。

1月2月3月は、沖縄では日照時間が年間で最も少ないので、この期間の日照時間が大きく関係してきます。

たとえば2月で、1週間のうち太陽の出ない日が2日間ならば順調に育ちますが、1カ月に10日太陽の出ない日が続くと芽が落ちてダメになってしまいます。

収穫時期を、後ろへずらせばよいと思われるかもしれませんが、6月を過ぎた強い日光に照らされると沖縄モズクは消えてしまうのです。

そして、モズクには砂地からの反射光も必要です。たとえば、生育地にだんだんと藻草が生えてきて砂地の白さがなくなってくると、モズクの成長が遅れて収穫量が減ってしまいます。
モズクの生長には、上からの十分な光と砂地からの反射光が大事で、温度と光の両方がなければならないのです。

また、生育の北限は奄美大島と言われています。これは、水温が関係しているようです。

モズク科のモズク(糸モズク)は、秋田あたりまで生育地として可能ですが、フコイダンの含有量や健康サポート力などの性能は沖縄モズクのほうが高いとされてます。



フコダイン・フコイダイン・フコインダン・ふこいだん・fukoidanと間違って表示されたり、呼ばれたりされることもありますが、正しくは フコイダン(fucoidan)です。

フコイダンはどれも同じ?食品から摂れる?

フコイダンAFプレミアム選ばれる理由 フコダイン無料資料のご請求

製品を選ぶ基準5つのポイント フコイダン特典つきお試しセット

AFプレミアムお得な定期コース 商品一覧・ご注文ページ



健康堂ナビゲーション

AFプレミアムバナー

今だけの特別価格 期間限定キャンペーン

期間限定フコイダンキャンペーン

フコイダンAFプレミアム製品

  • フコイダン購入時に惑わされない
  • 液体が飲めないときはカプセルがおすすめ
  • 海外発送EMSについて
  • 即日発送可能です

「質問・悩み・相談」などお気軽にどうぞ!メッセージを送信していただくと、直接店長に届きます。ちょっと質問したいこと、お悩み・ご相談ごと、ホームページへのご意見・ご感想などお気軽にメールしてくださいね。
お問合せフォームからどうぞ

店長 健康管理士資格取得者健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員は、未然に病気をふせぐ環境づくり・肉体づくり・生活づくりのプランニングをおこなったり、健康の保持・増進のための正しい知識をひろめ、日常生活のなかで健康管理上の仕事をしたり、企業や自治体、家庭において人々の健康をまもるなど、医師とはことなる観点から健康をまもるお手伝いをします。

フコイダン健康堂 LOHAS株式会社

〒816-0801 福岡県春日市春日原東町2-8-1

TEL 0120-251-334 (9:00~21:00)

福岡県子育て応援宣言企業ですLOHAS株式会社は「福岡県子育て応援宣言企業」です。
福岡県 第16号